タイ生活の必需品、浄水器についてご紹介!

スポンサーリンク

タイ生活の必需品、浄水器についてご紹介!

バンコク生活の必需品の一つと言えば、浄水器が挙げられます。
日本では蛇口を捻れば飲んでも問題ない品質の水が出ますが、日本以外の国ではそうはいきません。

タイでも当然水道から出る水を飲むことはできないため、多くの日本人の家庭では浄水器をキッチンに設置して使っています。

タイの水道水は飲めない、何に使う?

タイの水道水は飲めないという事は以前ブログ記事でも紹介しましたが、タイの水は水道管の錆や塩素などの不純物が多く混ざっているためふつうに飲むことはできません。

バスタブのあるおうちに住んでいる方はバスタブにお湯を溜める事があると思いますが、建物によっては水に茶色や黄色っぽい色がついていることがあり、とても入浴する気にならないという経験をしたことがあると思います。

そんな飲むのには適さないタイの水道から出る水ですが、その水を料理に使う人はあまりおらず、食器を洗う際に使うという人はいるかもしれませんが、汚れた水で食器を洗うのはやはり不安です。

×料理に使う水として使う
×歯磨きや洗顔などに使う
×食器洗いや手洗いに使う

タイの水道から出る汚れた水を口や肌に触れる事に使うというのは少し抵抗がないですか?

そんなわけでタイ生活には浄水器が欠かせないというわけですね!

浄水器にもいくつか種類がある

そんな浄水器にもいくつか種類があるようなので色々なタイの浄水器レンタルの会社のWEBサイトなどを調べて調査してみました。色々な種類があるようです。

ROフィルター(逆浸透膜)浄水器

このタイプの浄水器の特徴はROフィルター(逆浸透膜)というフィルターで水以外の不純物を除去する事が可能です。タイの水質は硬水ですが、出てくる水は純水と呼ばれ、マグネシウムやカリウムなどのミネラルなども除去してくれ、軟水になった水が蛇口から出てくるようになります。

✅RO フィルター(逆浸透膜)浄水器の特徴
マグネシウムやカリウムなどを除去した軟水が出てくるので、お茶やコーヒーなどを淹れる際や、ご飯もふっくら炊けるようになります。

このタイプの浄水器はシンクの下のスペースに収納すれば見えなくなるので、シンク下のスペースに収納するのが一般的です。デメリットとしては、写真のタンク部分に浄水した水を貯めてそこから使う形になるのですが、浄水スピードが速くないため頻繁に使う家族世帯などにはあまり合わない可能性があります。

新型RO浄水器

最新型のRO浄水器は先ほど紹介したROフィルター浄水器と同じでROフィルターを通して水を浄水するのですが、違いは大きなタンクが付いていないという点です。

✅ 新型のRO浄水器の特徴
水の流量が旧式に比べて圧倒的に多いのでタンクを別につける必要がなく、省スペースで設置ができるのが大きな特徴です。また最新式なので定期的な水質チェックでなくても常に数値を確認できるタイプの物が多く、常に水質を確認することができます。

旧式の大きなタンクがシンクのスペースを圧迫する点と、浄水にかかる時間という点の2点を解消したのが新型のRO浄水器です。

フィルターも2つのカートリッジに集約されているので、自分での交換も簡単です。ただ、レンタルの場合は集金のタイミングでカートリッジの交換をしてくれるので自分で交換する必要はありません。

据え置き型浄水器(クリンスイ)

クリンスイには色々なタイプの物があるので、設置する前にどんなタイプの物か確認する必要があります。写真のタイプの物の場合、日本の「家庭用品品質表示法」で定められた除去対象9物質を除去してくれるようです。

家庭用品品質表示法7+2
遊離残留塩素濁り(雑菌・固形鉛など)総トリハロメタン
クロロホルムブロモジクロロメタンジブロモクロロメタン
ブロモホルム鉄(微粒子状)アルミニウム(中性)

フィルターの種類も色々あるようなので、除去できる物が多いタイプだと13種類の除去も可能とのことです。
有害物質のみを除去して水の中のミネラル成分は除去しないのもこのタイプの特徴です。

✅ 据え置き型浄水器のクリンスイの特徴
本体に蛇口が付いており、設置工事が不要ですぐに使えるという点が一番大きいと思います。先に紹介した2種類の場合には別途、シンクに蛇口を取り付ける工事が必要になります。

こちらのタイプは手軽に始められる浄水器ですが、浄水能力は先に紹介したRO浄水器の方が優れているようです。
ただ、クリンスイでも日本の基準を満たした浄水性能があるのであまり気にする違いではないと思います。

蛇口取り付け型(トレビーノ)

工事不要で取り付けも簡単、自分で設置可能なタイプがこの蛇口取り付け型の浄水器です。
タイでもLazadaなどで簡単に購入することができます。

≫ LAZADA / 東レのトレビーノ

✅ 工事不要で簡単取り付け
工事が不要で一番簡単に自分で取り付けが行えるのがこの東レのトレビーノだと思います。Lazadaでも購入可能、1本で600ℓの水を浄水する能力があります。

簡単に取り付けできますが、日本の水600ℓを浄水可能なのはタイでも同じ量浄水可能なのか不明な点や、カートリッジ交換のタイミングを自分で判断する必要があるので管理が面倒な印象はあります。

ただ、一番安く簡単に設置する方法なのは間違いないと思います。
またこのタイプも有害物質のみを除去して水の中のミネラル成分は除去しません。

タイには日系の浄水器の会社がたくさんある!

前回簡単にご紹介しましたが、バンコクには日系の浄水器レンタルの会社が多くあるので、そういったところを利用して浄水器をレンタルするといいと思います。

日系の浄水器会社のオススメ4選などは以下の記事をチェックしてみてください。

選ぶならRO浄水器?

有害物質の除去だけを考えると、今回ご紹介した4種類のタイプの浄水器であればどれでも問題ないと思いますが、後半の2種類は自分でフィルター交換のタイミングを管理したりと、常に綺麗な水を使うためには自分である程度調整を行う必要があります。

なので、定期的に集金を兼ねてフィルター交換に来てくれるレンタルサービスを利用するのが管理も楽で衛生的な水を使うことができます。

我が家では「住まいるサポート24」さんの浄水器を使っています。

【キッチンに浄水器】住まいるサポート24さんで台所用RO純水器を設置してみた!ブログ読者限定のお得なプロモーションも! [PR]
キッチンの浄水器を変えてみた!タイの水道水には不純物が多く混じっているので我が家では数年前からキッチンに浄水器を設置していますが、先日、住まいるサポート24さんの浄水器に変えてみたのでご紹介します!日系の浄水器の会...

特に小さいお子様がいるご家庭の場合には、キッチン、洗濯機、風呂場などの全ての水道に設置するのがオススメなので、全てまとめて申し込んでお得な金額になるところを選ぶといいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました