[ タイ旅行 ]タイ旅行に変換アダプタ・変圧器は必要?タイのコンセントはどうなっているのか?

スポンサーリンク

海外旅行の際に気になるコンセント事情

日本で普段使っているスマホやPCの充電器はタイでそのまま使えるの?と気になる方も多いのではないでしょうか。今回は「コンセントはそのまま使えるの?」「そのまま使って壊れないの?」など、タイのコンセント事情をご紹介します。

日本で使っている家電やIT機器がタイでそのまま使えるかどうかは2つのポイントがあります。

❶ 電源プラグの形

❷ 電圧

海外旅行の際にはこの2つのポイントを確認しておきましょう。

タイの電源プラグの形状

タイの電源プラグの形状は以下の画像のタイプがほとんどだと思います。

この形状であれば日本のプラグをさすことができるので、変換プラグは不要です。
かなり古いホテルでこの形状ではないタイプを1度見たことがありますが、その時はホテルで変換プラグを用意していたので特に困ることはなかったです。

✅基本的には変換プラグは不要
タイのコンセントの差込口は上記の形状のものが多いので、日本のプラグはそのまま差すことができます。なのでタイ旅行の際に変換プラグは特に必要ありません。

タイの電圧はどう?

タイの電圧は220Vで日本の電圧100Vと異なるので、一部の日本の電化製品を使う場合には、変圧器が必要になります。

ただ、タイ旅行に持ってくる家電製品と言えばこんな感じでしょう。

✅ スマホ

✅ タブレット

✅ パソコン

上記の3つに関しては、アダプターを介して充電するタイプとなり、そのアダプターが200Vにも対応しているのでタイでも問題なく使うことができます。

現在、使用している充電器に書かれているINPUTの表記を確認してみると、上記のように100-240Vと記載されているかと思います。この表記をチェックして対応電圧を確認しておきましょう。

どうしても使いたい電化製品がある場合

電圧は対応していないけど使いたい電化製品があるという場合には、変圧器を使う必要があります
ひと昔前の変圧器というとかなり大きいというイメージがありましたが、今は小型のものが増えているので、そういった物を選んで購入すればOKです。

個人的には下の画像のようなマルチタップになっているタイプが便利だと思います!

≫ 海外旅行用変圧器 90V-240V to 100V

このタイプだと4,000円弱の値段で便利に使えるので、旅行用のマルチタップとして1つ買っておいてもよさそうですね!

必要かどうかは持っていく電化製品による!

一般的な「スマホ」「タブレット」「PC」の充電器に関しては特に変圧器がなくても利用可能なので、このくらいしか電化製品を持ってこないという方は特に必要ありませんが、それ以外にも持っていきたい電化製品があるという場合には、事前に対応電圧を確認して変圧器が必要かどうかを確認しておきましょう。

変圧器も小さく安くなってきているので、よく海外旅行に行くという方は1つ買っておいてもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました