タイの3つの季節を解説!旅行に行くならこの時期がオススメ!

スポンサーリンク

タイの3つの季節を解説!旅行に行くならこの時期がオススメ!

タイと言えば、ビーチ!リゾート!常夏!というイメージが強いと思いますが、タイにも1年の中に季節があります。

今回はそんなタイ生活の気候の変化を踏まえて季節の特徴やバンコク旅行のベストシーズンなどをご紹介します!

タイの気候の基本情報

まずはタイの気候の基本情報をご紹介します。

熱帯性気候

熱帯性気候のため基本的には1年を通して30度以上の暑い日が続きます。12月が最も寒い時期ですが、平均気温は17度と日本の12月と比べるとかなり暖かいです。日本の冬の時期だけ日本からタイに来て過ごすロングステイヤーの方が多いです。

タイに旅行に来る方はこの常夏の気候を目当てに来ると思いますが、雨が多い月や気温が特に高い月など色々な特徴があります。タイの季節の特徴を上手く理解してタイの旅行に行く時期を考えてみると良いでしょう。

季節は3種類

タイにも季節があります。

 – 乾季(11月~2月)

 – 暑季(3月~5月)

 – 雨季(6月~10月)

タイの1年は上記3つの季節に分けられます。

観光に適しているのは11月~2月の乾季で、この時期は特に多くの観光客で賑わいます。

ではそれぞれの季節がどんな季節なのかを解説していきます。

乾季(11月~2月)ってどんな季節?

タイの乾季は字の通り雨が少なく過ごしやすい気候です。日本の年末年始とも重なるので多くの日本人観光客が訪れるシーズンです。雨が少ないと海の透明度も上がり、ビーチリゾートに行くのもベストのシーズンと言えます。

乾季の前は雨季なので、11月の上旬はまだ雨が降ることも多いですが、徐々に雨も少なくなり気温も下がっていきます。

バンコクに住んでいると普段の暑さに慣れてくるので、12月や1月の朝は肌寒く感じる事も多いです。

タイは室内ではエアコンが強く効いているので、寒がりな方は上から羽織れるものはどのシーズンでも持っている方が良いでしょう。

最高最低雨の日
11月32°24°5日
12月32°22°0日
1月32°22°1日
2月33°24°1日

日本の夏のような気候で過ごしやすい日が続く魅力的な季節の乾季ですが、雨が少ないため、空気の汚れが取れずに大気汚染の数値が上昇する時期でもあります。

乾季に行くならココ!

バンコクやアユタヤ周辺には工業団地も多く、大気汚染の問題は以前から言われていますが、乾季は特に数値が悪化します。また、タイの北部ではミャンマー国境付近の焼き畑の影響もあり大気汚染が悪化するので、この時期に旅行するのであれば「プーケット」が一番オススメの地域です。

ただ、バンコクでも楽しいイベントが開催されるので、屋外で激しい運動をせずにマスクをして短期の滞在であればそこまで深刻に考える事はないでしょう。

乾季のオススメイベントNo.1

この時期のバンコクでのオススメイベントと言えばカウントダウンでしょう!

色々な場所で花火が上がりますが、オススメはやはりリバーサイドです。

チャオプラヤ川沿いのショッピングモール・ICONSIAMのカウントダウンイベントの様子がYoutubeでチェックできるので、是非一度見てみてください。

暑季(3月~5月)ってどんな季節?

暑季と言うだけあって、3月~5月は暑くなる季節です。4月には最高気温が40度になることもあります。この時期のアユタヤ観光でのお寺巡りはクーラーの効いた移動車内だけが天国というくらい外を歩くのがつらくなります。

この時期は熱中症対策に十分に気を付けてバンコクを観光するようにしましょう。

バンコクにはコンビニがかなり多いので、こまめな水分補給を忘れずに行ってください。

最高最低雨の日
3月34°26°2日
4月35°27°6日
5月35°26°14日

先程の乾季と比べると最高気温の平均はそこまで変わらないのですが、最低気温が26°とかなり高くなっており、朝夕問わず暑いです。

ただ、個人的にはタイの暑さを実感できる季節なので、そこまで嫌いな季節ではないです。ただ、街をブラブラ観光したいと考えている人にはあまり適さない季節だと思います。

また、3月は雨は少ないですが、5月は雨の日もだんだん増えてくるので、ビーチリゾートに行こうかと思っている方は4月までに行くのがオススメです。

暑季に行くならココ!

この常に暑い時期に旅行するのであれば、比較的過ごしやすい気温の「チェンマイ」が一番オススメだと思います。

我が家もこの時期に日本でいう軽井沢のようなノリでチェンマイ観光によく行きますが、バンコクと比べると過ごしやすいのでお気に入りです。

暑季のオススメイベントNo.1

この暑季の一押しイベント「ソンクラン」は一度は体験しておきたいイベントです。
多くのYoutuberが動画をアップしているので、色々調べてみると雰囲気が分かると思います。
外を歩くと水をかけられるので、スマホやスーツケースを持った状態で水をかけられないように気を付けましょう。

また、このソンクランは地域によって開催時期が違うので注意が必要です。

雨季(6月~10月)ってどんな季節?

タイの雨季と言われる時期は5か月あり、他の季節と比べて雨季が一番長い季節です。雨の降る日が多い雨季ですが、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くという事はそんなにありません。

スコールのような激しい雨が1~2時間程度降って、止んだら快晴になるというようなイメージです。ただ、雨の時間帯はタクシーも捕まらず、BTSも込み合うので移動手段の確保が難しくなるのでその点はご注意ください。

スコールが降った後はバンコクの大気汚染の原因物質が雨に流されて空気が綺麗になるので、個人的には好きな季節です。ただ、バンコク中心部でも冠水で道を歩けなくなることがあるので、ホテルを選ぶ際はBTS直結のホテルを選ぶのがオススメです。

最高最低雨の日
6月34°26°14日
7月33°26°14日
8月33°25°16日
9月33°25°18日
10月33°25°15日

先程の暑季と比べて気温はあまり変わらないのですが、雨が降ると地面が冷やされるからか、体感温度は暑季と比べると快適に感じます。

月の平均の雨の日が月の半数以上になりますが、6月・7月はまだ雨が少ない時期なので、来るのであれば6月か7月上旬に来ることをオススメします。

雨季に行くならココ!

せっかくの旅行が雨で台無しになるのを想像するかもしれませんが、この雨の多い時期に旅行するのであれば、移動手段と室内でも楽しめるスポットが豊富にある「バンコク」が一番オススメです。

ビーチリゾートに遊びに行って雨に降られるとやることが無くなりますが、バンコクの場合、雨でも色々楽しめる場所があるので、観光に来たのにやることが無くなるという事がありません。

雨季のオススメイベントNo.1

雨季はあまりバンコクでオススメのイベントは無いので、バンコクを拠点にホテルステイやショッピングやディナーを楽しむと良いと思います。

特にSPAは日本で受けるよりかなり安くてお得なので、雨季にバンコクにきたらSPA三昧・ショッピング三昧を楽しみましょう。

個人的にオススメなのはシャングリラホテルにあるCHI SPAです。

バンコク旅行に持ってくるべきアイテム!

まず、すべての季節に共通して必要なのが「羽織れる衣類」「日焼け止め」「パック」です。

羽織れる衣類

バンコクは外は暑いのですが、中は冷房が効いていて寒いという事が多々あります。せっかく美味しいディナーを食べに来たけど空調が寒くて楽しめなかったという事が無いよう、特に女性は「羽織れる衣類」が必須アイテムです。

日焼け止め

タイの紫外線の量は日本の3倍といわれるほど日差しが強いです。曇りの日でも紫外線は強いので、日焼け止めは必須です。ただし、タイの国立公園では2021年8月からオキシベンゾン、オクチノキサート、メチルベンジリデンカンファ、ブチルパラベンといった成分を含む日焼け止めの持ち込みが禁止されており、違反者には罰金もありますのでご注意ください。

パック

そして最後のパックですが、日焼けや排気ガスなどでダメージを回復するために1日の終わりにはパックをしてから就寝しましょう。現地調達も簡単なのでオススメですが、気に入った物がある場合には持ってきても良いでしょう。

乾季・暑季にあると便利

次に季節によってマストになるアイテムをご紹介します。

扇子・ハンディ扇風機・小型うちわ

長時間外を歩くと暑いので、ハンディ扇風機などの手軽に使える涼めるグッズを持っていると役立ちます。

雨季の必須アイテム

折り畳み傘

雨の多い時期なので折り畳み傘は必須です。タイのコンビニなどで売られている折り畳み傘は使いにくく雨が降ると売り切れる事も。使い慣れた物を持ってくると良いでしょう。

他にもタイ旅行に持ってくるべきタイ旅行のアイテムもありますが、それはまた別の機会にご紹介します。

バンコク旅行の服装は?

バンコクの街中を歩く際には、基本的には日本の夏と同じような服装で問題ありません。乾季は少し気温が下がるので、北部に行く方は薄手の長袖の衣類もあると良いでしょう。

基本的には常夏の国なので、半そでシャツやワンピースをメインに考えて問題ありません。ただ、冷房が効いている場所が多いので、カーディガンなど上から羽織る物を用意しておけば安心です。

寺院に行くときの服装に注意

タイの寺院は観光客にとっては観光地ですが、タイ人の方にとっては神聖な場所です。

寺院を巡る際にNGとされる服装があるので、ご注意ください。

<ダメな服装>

・ミニスカート ・ショートパンツ ・ダメージジーンズ・ノースリーブシャツ ・タンクトップ 

基本的には「肩が出る」「足が出る」服装がNGだと思っていればいいでしょう。

隠すために布を貸してくれる寺院もありますが、基本的には最初から服装に気を付けるようにしましょう。

レストランのドレスコードに注意

もう一つがドレスコードのあるレストランです。どこの国もそうですが、高級店にはTシャツ・短パンでは入れない事があります。

ジャケット着用必須や襟付きであればOKなどお店によって異なるので、事前に行くお店のドレスコードをチェックしておきましょう。

高級店以外は特にドレスコードで止められることもないので、気楽な格好でお店に行ってOKです。

基本的に服装に注意するのはお寺と高級レストランの2カ所くらいです。

事前に季節を理解して良いバンコク旅行に!

タイはバンコクのような都会や、プーケットのようなリゾート地、チェンマイのような古都など色々な姿があるのでシーズンに合わせて渡航先を選ぶという楽しみ方も出来ます。

乾季・暑季・雨季の3つの季節に合わせて色々な楽しみ方が出来るのもタイの魅力ですが、時期を選べるなら雨の日が少ない月に旅行に来るのが一番オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました