ウォルドーフ・アストリア・バンコク(Waldorf Astoria Bangkok)に泊まってみたら最高でした!

スポンサーリンク

Waldorf Astoria Bangkokに泊まってみた!

ウォルドーフ ・ アストリア・バンコク(Waldorf Astoria Bangkok)ってどんなホテル?
ヒルトングループ最上級ブランド「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」が2018年に東南アジアで初めて開業したモダンなデザインが魅力のラグジュアリーホテルです。

場所はBTSのチットロム駅とラチャダムリ駅の中間くらいにあります。プロンポンやトンロー方面からBTSで行く場合はチットロム駅を利用すると乗り換えもなくて簡単です。駅からは徒歩5分ほどです。

久しぶりのホテルステイ!

バンコクのホテルに泊まるのも久しぶりだし、今までこんな高級ホテルに泊まったことがないので楽しみです!

ホテルに入ってスタッフにチェックインと伝えるとエレベーターに案内してもらえます。チェックインカウンターは一階ではなく、エレベーターを上がったUL(アッパーロビー)階というところにありました。

チェックインを終えて部屋まで案内してもらいます。今回はKING DELUXE ROOM PARK VIEWというお部屋です。

部屋からの眺めも良い!

部屋は11階で眺めもいいです! 広さは50㎡で十分な広さですが天井が高いのでより広く感じます。

水まわりも充実!

洗面台は2つあって便利です。歯磨き用の水のボトルが用意されているのがうれしいポイントです。

バスタブは大きめで足を伸ばしてゆっくり入ることができました。シャワースペースは別にあり、レインシャワーとハンドシャワーがあって使いやすかったです。

アメニティはフェラガモでした。フェラガモに石鹸やボディソープがあるなんて知りませんでした。笑

ウォシュレットも完備!

トイレは独立型でTOTOのトイレでした。ウォシュレット付でふたが自動で開いたり水が自動で流れるタイプです。TOTOのトイレはタイではあまり見かけないのでうれしいですね。

ベッドの寝心地も最高!

ベッドは硬めのマットで寝心地がよかったです! 枕も頭が吸い込まれるような感触で気持ちよかったです。
ベッドサイドの両側にコンセントがあるので、コンセントの取り合いにはなりません。笑

その他も充実!

冷蔵庫にはウエルカムドリンクのココナッツジュースが入っていました! コーヒーマシーンやポットもあります。

紅茶やコーヒーもあります。コーヒーは3種類のうち1種類がデカフェでした。

部屋で少しのんびりしてからプールに行ってみます!

プールは小さめだけどのんびりできる!

プールは16階にありました。インフィニティプールで眺めがよくて気持ちいいです! 同じ階にスパとジムもあり、ジムは24時間利用できるようです。プールは水温が調整されているようで水が冷たくもなく快適でした。

プールサイドのソファーは大きくてくつろげます。プールに入る人は少なく、プールサイドでのんびりしている人が多かったです。

ソファーに座るとスタッフの方がタオルとお水をもってきてくれました。バーもあるのでドリンクも頼めます。

夜にも行ってみましたが、ライトアップされて幻想的な雰囲気でした。

朝食も最高でした!

朝食も最高だったのでこちらの記事もぜひチェックしてみてください!

朝食のTruffle EggとEggs Benedictは必食!

ホスピタリティが最高のホテルでした

今回初めてウォルドーフ ・ アストリア・バンコクに泊まってみましたが、部屋もプールも朝食も最高で何よりホスピタリティが素晴らしかったです! セントラルワールドやアマリンプラザに近い便利な立地で夜は静かなのもよかったです。都心で非日常が味わえるオススメのホテルです!

ウォルドーフ・アストリアはバンコクのほかローマ、ドバイ、ニューヨーク、上海など世界中に展開していますが、2025年に大阪、2026年に東京に開業予定とのことでこちらも楽しみですね。

ウォルドーフ・アストリア・バンコク(Waldorf Astoria Bangkok)

ホテル予約サイトでも価格が出ているので、お得な価格の方で予約すると良いと思います。

[Expedia]ウォルドーフ ・ アストリア・バンコク

コメント

タイトルとURLをコピーしました