タイ旅行の際のSIMカードの準備は日本国内で購入がお得!タイより安く買える!

スポンサーリンク

タイ旅行時は日本でSIMを購入するのがオススメ!

ワクチン接種済の場合はタイへの入国時も日本への帰国時も隔離がなくなったことから、タイ旅行を検討しているという方も増えているのではないでしょうか?

タイ旅行に欠かせないのが、SIMフリーのスマホにタイのSIMカードを入れて使うという方法です。
国際ローミングを使うという方法もありますが、高額だったり速度が遅かったりと使いにくい部分があります。

そんな時にオススメなのが、「日本でタイのプリペイドSIMカードを買う」という方法です。
この方法であれば、タイの空港に到着してSIMカードを入れ替えるだけ(一部APNの設定が必要な場合も)でタイでの通信が可能になります!

今回はそんなタイのSIMカードをご紹介します!

タイのプリペイドSIMの種類

タイのプリペイドSIMは複数のキャリアから好きな期間のSIMカードを選ぶ形になります。まずは簡単にタイのキャリアをご紹介します。

AIS

タイの通信キャリアと言えば、まずAISを思い浮かべる方が多いかと思います。
上記の画像の通り、AISは緑色がブランドカラーで通信品質が一番安定しているキャリアとされていて、日本で言うとDOCOMOのような存在です。

一押しのキャリアは?と聞かれたら、私はAISをオススメします!
ただ、次に紹介するtrueも悪くないので、あとはお好みで選ぶ感じになるかと思います。

true

タイの通信キャリアでここ数年で勢いよく成長しているのがtrueという印象です。
赤いお店の携帯ショップがtrueで、5Gの使える範囲はAISと比較しても遜色ありません。

通信速度に関しては、AISと比べると少し5Gのスピードで負けているかな?というのが個人的な印象ですが、オススメのキャリアの1つには入ってきます。

dtac

最後にご紹介するdtacは、水色がブランドカラーの携帯キャリアです。
個人的には5Gの範囲があまり広くないのでオススメはしませんが、日本で売られているプリペイドSIMは他の2社も4Gという事が多いので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

特に価格が安いという事もないので、3大キャリアの中での個人的な優先順位は最下位です。

現地でSIMカードを購入する際の手順は?

現地でSIMカードを購入する場合は「パスポート」を提示するだけで簡単にプリペイドSIMカードが購入できます。

空港やバンコクにあるキャリアショップであれば英語でのコミュニケーションは可能で、簡単な英語だけでSIMカードを購入できます。

✅ メモに書いて説明するとかなり簡単!
カウンターでSIMカードを買う際に「Prepaid SIM 」「○〇Days(利用したい日数)」「Voice & Data」などと書いて渡すと、店員さんが最適なプランをオススメしてくれます。
後はパスポートを提示して代金を支払えば購入完了です!

タイでSIMカードが買える場所は??

まず、空港に各キャリアのショップがあるので、タイ到着時にそこでプリペイドSIMカードを購入することができます。

街中ではショッピングモールの中に携帯キャリアショップが入っていることが多く、簡単にSIMカードが購入できるので、SIMカードを買う場所に困ることはあまりないかと思います。

タイ渡航前に日本でSIMカードを買う!

タイ到着後にSIMカードを買うのもオススメですが、事前に日本のAmazonなどのECサイトでSIMカードを買うという方法もオススメです。

プリペイドSIMを購入したら、各社それぞれのアプリから残高のチェックや追加・パッケージの追加購入ができるようになります。

✅ 各社のアプリはこちら

myAIS

myAIS

Mimo Tech無料posted withアプリーチ

True iService

True iService

TRUE DIGITAL & MEDIA PLATFORM COMPANY LIMITED無料posted withアプリーチ

dtac

dtac

Total Access Communication Public Co Ltd無料posted withアプリーチ

プリペイドSIMの管理にはアプリが便利なので、購入するSIMカードが決まったら、購入するキャリアのアプリをインストールしておきましょう!

個人的にオススメなSIMカードはこちら!

Amazonなどのサイトでは様々なSIMカードが売られていますが、その中でもオススメのSIMカードを3つご紹介します。タイに来る際の参考にしてください!

AIS 2枚セット・有効期限16日間のSIMカード:1,780円

こちらのSIMカードは16日間でデータ通信が15GB使う事ができるというタイプのSIMカードの2枚セットです。15GBというとかなりの大容量なので、旅行中にデータの残量を気にせずに使えそうですね。
※SIMカードを購入する際には商品説明のSIMの有効期限に気を付けましょう。

AIS・30日間 データ通信30GB SIMカード:2,980円

先ほどご紹介したSIMカードよりも有効期限の短い30日間・30GBというタイプのSIMカードです。
1ヵ月程度の旅行を二人でする場合などにはかなり有効なSIMカードだと思います。データ容量も30GBと中長期の滞在にも最適です。

true:8日間 データ通信15GB 無料通話100分:800円

先にご紹介した2つの商品はどちらもAISのSIMカードだったので、次はtrueのSIMカードをご紹介します。1枚800円とかなり安いので、とりあえず使ってみるかという方にオススメです。
他の商品と比べても安いので、8日間以内の滞在という方には最適だと思います。
SIMカードを購入する際には商品説明のSIMの有効期限に気を付けましょう。

SIMを入れ替えても使えない時は?

タイに来てSIMカードを入れ替えても使えない場合ですが、基本的には3つのパターンが考えられると思います。

① スマホにSIMロックがかかっている
② SIMカード不良
③ APNの設定ミス

原因は上記3つのうちのいずれかだと思いますが、Androidスマホの場合には、③が最も可能性が高いです。
SIMカードを購入した時に入っている説明書などは捨てずにしっかり持っていきましょう!

APNに関しては、他に説明している方がいるのでそちらも参考にしてみてください。

タイのAPN設定[AIS/True/Dtac]各社の情報も含めてご紹介!(Android編)
タイのAPN設定に関してタイの旅行や出張、新規赴任の方はSIMロック解除してタイのプリペイドSIMを使うという方も多いと思います。Androidの方がタイのSIMカードを使う場合のAPN設定方法をご紹介します。APNとはAccess Poi

プリペイドSIMカードは日本で買うのがオススメ!

タイ国内でプリペイドSIMカードを買う場合、パッケージや期間にもよりますが、299バーツからという値段になるかと思います。期間がある程度長いとタイで買うより日本で買う方が安く住むこともあるようです。

つまり日本の方が安くSIMカードを購入できるということになります。
特にAmazonでポイントが貯まっている方なら無料でSIMカードをGETでできるかもしれませんね!

上記以外にも、KKdayという旅行代理店が空港受取りでSIMカードの販売を行っており、購入後電子バウチャーを受取って、当日はカウンターでバウチャーを提示するだけという商品の販売も行っています。

気になる方はKKdayの公式WEBサイトでチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました