安い「あんこ」の缶を開けるために、缶切りを探してみた!

スポンサーリンク

最近のマイブームのオヤツ

最近、ドンキやFUJIスーパーなどで売られている缶詰のあんこを買って、小倉トーストにして食べるのにハマっています。このあんこの唯一の不満点が缶切りがないと開けられないという点なのですが、それでもこの価格の安さはお得ということで毎回これを買っています。

このあんこが安いのは、おそらく缶が硬くて開けにくいからではないかと思っています。コンビニやスーパーで安い缶切りを買って使ってみたのですが、使い方が下手なのか缶が硬いのか、すぐに先端が曲がって使えなくなり、再度缶切りを買って→壊れての繰り返しに。。

今、何とか使えている缶切りは60バーツショップで買った十徳ナイフに付いている小さな缶切りです。かなりコツがいるので毎回夫にお願いして開けてもらっているのですが、それでもかなり大変そうという事でガッチリしたよさげな缶切りを探しに行ってきました!

缶切りを求めてエンポリアムへ

ダイソーにあるかな?とダイソーに行くたびにチェックしていたのですが缶切りが見つからず、確実にありそうなエンポリアムに行ってきました!

エンポリアムはチャイニーズニューイヤーの飾りつけがされていました。
ここの飾りつけは頻繁に変わっていて、いつも写真を撮る方で賑わっていますね!

キッチン用品が売られているコーナーに!

キッチン用品が豊富なイメージがある、エンポリアムのキッチンコーナーへ!

ここならキッチン用品が豊富に揃っているので、欲しい形の缶切りも見つかるはず!
さっそくお目当ての缶切りを探してみます!

回すタイプの缶切りが主流!

探してみたところ、手で回すタイプの缶切りが主流のようで種類が豊富でした。

楽そうだなと思うのですが、使った事がないので今回は見送りました。
使った事がある方がいたらぜひ使用感を教えてほしいです!

手で回すタイプ以外にも栓抜きとセットになっているタイプの物もいくつか売られていましたが、今まで何度もこのタイプを買って裏切られてきたので、今回はこのタイプではない物にします。

色々見て回ってようやく探していた物に近い商品を発見!

サイズが大きめで、頑丈そうな缶切りを発見しました!
刃の部分もステンレスで曲がらなさそうな厚みがあるので、今回はこれを購入しました。

家に帰ってさっそく使ってみましたが、今まで使っていた缶切りとは違い、サクサク開けられるようになりました!

今まで缶切りは夫の担当でしたが、これなら自分で開けられそうです!

日本から1つ持ってきてもいいかも!

缶切りなんて1つ買ったらずっと使う物だと思っていましたが、タイの安い缶切りは壊れやすい印象です。日本で缶を開けるのに悪戦苦闘した記憶はないので、日本の缶切りは優秀だったなと改めて感じました。

そんなに嵩張るものでもないので、タイに赴任する際に1つは持ってきた方がいいアイテムだと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました