台湾旅行で海外旅行用eSIM「TRAVeSIM」を使ってみた!快適な速度でストレスゼロ!

スポンサーリンク

久しぶりに海外旅行で台湾へ!

先日、台湾旅行に行った際にTRAVeSIMを利用してみたのでご紹介します。
今年半ばに一時帰国はしましたが、海外旅行はかなり久しぶりでした!今回の予定は4泊5日ということもあり、レンタルWiFiにするかSIMカードにするか悩みましたが、以前ご紹介した海外旅行で使えるeSIM「TRAVeSIM」を使ってみることにしました。

TRAVeSIMの購入などの流れはこちらの記事をチェックしてみてください!

TRAVeSIMを簡単に説明すると、海外で8日間、6GB使えるeSIMサービスで価格は1,980円です。
タイの携帯会社のローミングのパッケージも399バーツと安いので悩みましたが、今回はeSIMを使ってみようと思い、この「TRAVeSIM」を購入してみました!

設定は渡航前に完了!

このTRAVeSIMですが、有効期間は8日間で今回の4泊5日の日程だと少し期間が余るので、出発前に設定してしまいました。

購入後にメールに添付でQRコードが届くので、スマホのeSIM設定からQRを読み込むだけです。
詳細は公式ページの設定を見てみてください。思っていたよりも簡単でした!

≫ TRAVeSIM 利用方法

現地で設定する場合には「WiFi環境」が必要なので、空港やホテルのWiFiを利用する必要があるのでご注意ください。ちなみに台湾の桃園国際空港のWiFiはサクサク快適だったので、到着後でも問題なく設定できると思います!

台湾到着後にローミングをONにして利用開始

台湾到着後にローミングをONにして使い始めましたが、速度も気になることなくサクサク使えました!
一応、台湾でTRAVeSIMを使った際の速度を計ってみたのでご紹介します。

このくらいのスピードが出れば快適に使えました。
台湾旅行でTRAVeSIMを使ってみようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください!

ストレスフリーで台湾旅行!

台湾では行きたいお店の情報や地図を調べたり、LINEで連絡を取ったりするくらいだったので、4泊5日で6GBは十分なデータ容量でした。

ちなみにこのSIMはAISのSIM2Flyと同じパッケージで、MyAISを使えばパッケージの追加購入も問題なくできるようなので、次回の海外旅行の際にはチャージして使ってみようかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました