ついにタイランドパスが廃止に!7月1日からのタイ入国についてご紹介!

スポンサーリンク

7月1日からタイランドパスが廃止に!

タイ入国に必要だったタイランドパスが7月1日から廃止となり、医療保険の加入も不要となりました。これでタイ入国のハードルがさらに下がりますね!

今回は7月1日以降に適用されるタイ入国措置についてご紹介します。
ワクチン接種完了者とワクチン未接種/接種未完了者で必要書類が異なるのでご注意ください。

ワクチン接種完了者(タイ政府が認可しているワクチンを規定回数接種した証明書を有する方)

タイ入国時に国の公的機関・地方自治体により発行されたワクチン接種証明書(紙版もしくは電子版ワクチンパスポート)を提示してください(ただし、渡航日の14日前までに接種し、タイ保健省が認可しているワクチンを規定回数接種していること)。
※タイ入国に際して、タイ保健省が認可しているワクチンと規定の接種回数は、こちらをご参照ください。

タイ渡航前及び入国後のRT-PCR検査による陰性証明の提示が免除され、タイ入国後の健康観察期間(隔離)措置についても免除されます。ただし、入国後、渡航者自身が準備したATK検査キットで検査を実施することが推奨されます。タイ入国後の自己ATK検査で陽性が確認された場合は、タイ保健省が定める病院において再度検査及び治療を受けることになります。
※タイ政府は、特に新型コロナが疑われる症状がある場合は、必要に応じて適切な治療を迅速に受けられるように、ATK検査の実施を推奨していいます。

未成年者(18歳未満)のタイ入国について

渡航する14日前までに、タイ保健省が認可しているワクチンを少なくとも1回接種し、接種証明書を有する未成年者(5歳以上18歳未満)は、ワクチン完全接種者と同じ条件で一人での入国が可能です。
また、保護者同伴のワクチン未接種 / ワクチン接種未完了の未成年者(18歳未満)は、接種証明書の提示は不要であり、保護者と同様の条件で入国が可能です。

ワクチン未接種者/ワクチン接種未完了者(タイ保健省が認可しているワクチンを規定回数接種した証明書を持っていない方)

タイ入国時に、渡航前72時間以内に受検したRT-PCR検査ないし専門機関による抗原検査の陰性証明書(英文)を提示してください。
※自己ATK検査は認められておらず、病院等の医療機関において抗原検査を受検する必要があります。

タイ入国後の健康観察期間(隔離)措置及びRT-PCT検査のいずれも免除されます。ただし、タイ入国後、渡航者自身が準備したATK検査キットで検査を実施することが推奨されます。タイ入国後の自己ATK検査で陽性が確認された場合は、タイ保健省が定める病院において再度検査及び治療を受けることになります。
※タイ政府は、特に新型コロナが疑われる症状がある場合は、必要に応じて適切な治療を迅速に受けられるように、ATK検査の実施を推奨しています。

さいごに

7月1日からはワクチン接種証明書もしくは陰性証明書とパスポートがあればタイ入国できるようになるのはうれしいですね!

タイから日本入国についてはこちらの記事もチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました