新しい入国申請システム「Thailand Pass/タイランドパス」は11月1日開始.

スポンサーリンク

新しい入国申請システム「Thailand Pass/タイランドパス」

タイへの渡航の際に今は入国許可証(COE)を申請する必要がありますが、これが11月1日から新しい「Thailand Pass/タイランドパス」というシステムでの申請に変更になるとのことです。

≫ Thailand Pass 公式WEBサイト

11月1日の9時からのスタートのようでまだサイトにアクセスしても開始予定のアナウンスのみですが、WEBサイトにはアクセスできるようになっています。

尚、すでにCOEを取得している方に関しては再度Thailand Passに登録する必要なくCOEでの入国が可能です。

Thailand Passのアナウンスによると渡航の7日前までに登録することを推奨しています。

隔離なしで観光客は戻ってくるのか?

気づけば10月もそろそろ終わりが近づいており、隔離なしでの入国が徐々に見えてきています。タイから自分の国へ戻る時に隔離があるとなかなかタイ旅行に行きにくいですが、11月に入って観光客は急増するのでしょうか?

11月1日からはバンコクを含む観光パイロット地域では、以下の2点の規制が緩和されます。

・夜間外出禁止令の適用を除外する。

・500名以上の活動を禁止する。

夜間外出禁止は適用されなくなりますが、遊興施設、パブ、バー、カラオケ、および類似施設については、営業を当面許可しないとのことなので娯楽目当ての観光客はもう少し様子を見てからとなりそうですね。

変異種のデルタ プラス・アルファ プラスが確認される。

もう新型コロナの変異種もよく分からなくなりつつありますが、最近タイ国内で「デルタ プラス」と「アルファ プラス」という変異種が確認されたとのことです。
イギリスでは最近感染者数が増加しているようですが、その原因は「ニューデルタプラス(AY.4.2)」とのことでタイの「デルタプラス(AY.4.1)」とは違う種類のようです。ここまで種類が増えるとよく分からなくなりますね。

アルファプラスに関しては、現在カンボジアで流行しているものと近いとのことですが、現状はそこまで一気に感染が拡大に直結することはないようです。
周りにもワクチンを2回接種したという人が増えてきているので、重症化を防げるのであればそこまで深刻な事態にはならなそうな気がします。

11月になって観光客が入ってきたら、おそらくバンコクがメインになると思うので、ここで感染者数や死者数が増えなければいいですね。

年末年始の予定もそろそろ考えないと。。。

もうすぐ10月が終わるので、2021年も残すところあと2か月程度ですね。

今年もこのまま行けば、我が家は日本への一時帰国や海外旅行はなしでタイでのんびり過ごすことになるような気がしますが、どこで過ごすかそろそろ考えようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました