11月1日から始まっているタイランドパス(Thailand Pass)でのタイ入国をチェック!

スポンサーリンク

11月1日から開始のタイランドパス(Thailand Pass)

タイランドパス(Thailand Pass)とは、COE(入国許可証)に変わる新たなタイへの入国時の申請プロセスです。COE(入国許可証)よりも入国申請が簡単になりました。

空路での入国の際には必ず申請が必要となり、タイへ旅行を検討している人には欠かせないものです。

今回はそんなタイランドパス(Thailand Pass)についてチェックしていきます。

タイに入国の際にはタイランドパス(Thailand Pass)での申請が必須

隔離期間の短縮の有無にかかわらず、タイに空路で入国の際には必ず必要な申請ですが、ワクチン接種の有無や渡航地域などにより隔離期間の緩和が受けられます。
現在の隔離期間に関しては以下の通りです。

1.必要回数のワクチンを接種し隔離免除対象国から入国

ワクチンを必要回数接種して隔離免除対象国から空路で入国する場合は、PCR検査を待つ1泊だけの隔離で入国することが可能です。完全に隔離なしではなく、空港に到着後は空港からホテルまでの送迎とホテル到着後のPCR検査のついた「ASQまたはSHA +ホテルパッケージ」で1泊以上滞在する事が必要です。

11月24日現在、隔離免除対象国に設定されているのは63の国と地域で、その地域に21日以上滞在していることも条件となります。

2.必要回数のワクチンを接種しサンドボックスプログラムで入国

隔離免除国以外からのワクチン接種者がタイに入国する場合にはこの条件に該当します。
11月24日現在、サンドボックスでの入国の対象となる有名な観光地は「バンコク」や「パタヤ」、「チェンマイ」、「プーケット」、「ホアヒン」などがあります。

この場合は、サンドボックスエリアにある認定SHA +ホテルで最低7泊する必要があり、PCR検査の陰性結果が確認でき次第、エリア内を自由に行動できるようになるようです。

3.上記以外での入国

1と2に該当しない場合でもタイへの入国は可能となりますが、ASQまたはAQ検疫ホテルで10日の隔離検疫が必要となります。

ホテルの予約に注意
空港からホテルまでの送迎とPCR検査の予約は必須となっており、ホテル宿泊のみの予約だと入国拒否となる事例が増えているようです。ホテル予約の際には必ず空港からホテルへの送迎とPCR検査がセットになったパッケージを選びましょう。

スワンナプーム空港の公式動画もチェック!

タイランドパス(Thailand Pass)申請に必要な書類

次にタイランドパス(Thailand Pass)を申請する際に必要な書類をご紹介します。

✅ パスポートのコピー

✅ ビザ(日本人の30日以内の観光はビザ免除)

✅ ワクチン接種証明書(英文)

✅ 航空券の予約書

✅ 5万ドル以上の新型コロナに対応した健康保険証(英文)

✅ ASQ、SHA+ホテル支払済の予約書 (到着時間によっては2泊)
   ※送迎+PCR検査のセットになったパッケージ

上記以外に必要な物として、PCR検査での陰性証明書がありますが、こちらはThailand Pass申請後でOKです。

タイランドパス(Thailand Pass)申請の流れ

次にタイランドパス(Thailand Pass)を申請する流れをご紹介いたします。

≫ タイランドパス申請ページ https://tp.consular.go.th/

まずは上記のタイランドパスを申請する公式ページにアクセスしてください。

1.Non-Thaiを選択

タイ国籍以外の場合はNon-Thaiを選択します。

Non-Thaiを選ぶと言語選択画面が出てくるので、「English」を選択しましょう。

2.申請するプログラムを選択

自分が申請するタイプを選んで最下部にある「Select」を選択。

・Exemption from Quarantine (Test and Go)
 ⇒ 必要回数のワクチンを接種し隔離免除対象国から入国

・Sandbox Programme
 ⇒ 必要回数のワクチンを接種しサンドボックスプログラムで入国

・Alternative Quarantine
 ⇒上記以外で入国する場合

3.タイ政府の疾病予防対策に従う事に同意

タイ政府の疾病予防対策に関する文章が書かれているので内容に同意しチェックボックスにチェックを入れて「Confirm」を選択。

4.渡航の基本情報を入力する。

渡航の目的や、出発国、最初に到着する空港、便名、到着日や出発日などの旅行の基本情報を入力します。

5.個人情報を入力する。

氏名・年齢・性別・生年月日などの基本情報を入力します。

5.パスポート顔写真のデータを送付

パスポートの顔写真のファイルをアップロードします。
※12歳以下の子供を帯同する場合には、Add Moreから追加可能。

6.ワクチン接種証明書のデータをアップロード

ワクチン接種証明遺書のファイルをアップロードします。

6.滞在先ホテルの情報、予約書をアップロード

ホテルの情報などを入力して予約書をアップロードします。

7.保険の内容を記入し保険証をアップロード

コロナを含む5万ドル以上の保険の情報を入力し英文の保険証をアップロードします。

8.申請完了

コこれで申請は完了です。申請番号が発行されるのでそのページは忘れないように覚えておきましょう。

タイランドパス(Thailand Pass)での申請は簡単!

タイランドパスの申請はかなり簡単で、承認が下りるとQRコードが発行されます。
そのQRコードは入国の際に必要になるので、スマホに保管したり最悪のケースを想定して印刷して持っておきましょう。

尚、承認されるまでは通常3~5日程度ですが、余裕をもって1~2週間くらい前に申請することをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました