[タイ旅行]11月1日からの タイの入国ルールまとめ 隔離なしで入国可能に!

スポンサーリンク

タイの隔離ルールは3パターン(2021年11月1日時点)

11月1日からタイへ入国する際には3つのパターンに分かれます。

それぞれ隔離ルールなどが違うのでタイにくる際にはチェックしておきましょう。

観光客受け入れの為に隔離なしで入国出来るようになったのは、一時帰国したいタイ在住日本人としてもうれしいですね!

タイの隔離ルールは現在3パターンに分けられます。

①隔離免除での入国

〇対象地域:低リスク国に分類された国(21日以上の滞在必須)
 ※現在は63ヶ国が対象となり対象国は以下です。
 ※21日ルールはタイ人・タイ在住外国人は免除。

■アジア:日本 / 中国 / 香港 / 台湾 / 韓国 / インド / インドネシア / オーストラリア / カンボジア / シンガポール / スリランカ / ニュージーランド / ネパール / フィリピン / ブータン / ブルネイ / ベトナム / マレーシア / ミャンマー / モルディブ / モンゴル / ラオス

■ヨーロッパ:イギリス / オーストリア / ベルギー / ブルガリア / クロアチア / クウェート / キプロス / チェコ / ルクセンブルク / デンマーク / ルーマニア / スロバキア / エストニア / オマーン / フィンランド / フランス / ドイツ / ギリシャ / ハンガリー / アイスランド / アイルランド / イタリア / ラトビア / リトアニア / マルタ / オランダ / ノルウェー / ポーランド / ポルトガル / スロベニア / スペイン / スウェーデン / スイス

■その他:アメリカ、カナダ、チリ、バーレーン、イスラエル、カタール、サウジアラビア、UAE
〇隔離期間:隔離なし
※ただ空港到着時のRT-PCR検査の結果が出るまでの1日間はホテル待機。

〇ホテル予約確認:AQ or SHAを1泊分の予約
※上記のPCR検査確認中の1泊の支払い確認書が必要です。

〇ワクチン接種:接種完了(完全接種)
※接種完了から14日以上経過している必要があります。

〇医療保険:コロナに対応した最低保証額50,000ドルの保険。
※英文の医療保険証が必要です。
※タイで働いている人は社会保険証でOKのようです。

〇出発前のRT-PCR検査:必要
出発72時間前以内に発行された検査陰性証明書が必要です。

上記が11月1日からの隔離なしでの入国の条件となります。
隔離なしと言っていますが、実際は入国時のPCR検査で陰性が出るまでの間の1泊は隔離されるようです。

②観光サンドボックスを利用しての入国

〇対象地域:すべての国からの入国が対象※11月1日時点ではすべての国が対象となっています。〇隔離期間:サンドボックス対象地域に7日間滞在※対象地域内であれば隔離なく自由に行動できます。
〇サンドボックス対象地域:11月1日時点

1. バンコク

2. クラビ

3. チョンブリー
(バーンラムン市・パタヤ市・シラチャ―市・シーチャン島・サタヒップ市のナージョムティエン地区とバーンサレー地区)

4. チェンマイ
(チェンマイ市・ドイタオ市・メーリム市・メーテン市)

5. トラート
(チャーン島市)

6. ブリラム
(ブリラム市)

7. プラチュアップキリカン
(ホアヒン地区とノンゲー地区)

8. パンガー

9. ペッチャブリー
(チャアム市)

10. プーケット

11.ラノーン
(パヤーム島)

12. ラヨーン
(サメット島)

13. ルーイ
(チェンカーン市)

14. サムットプラーカーン
(スワンナプーム国際空港)

15. スラ―ターニー
(サムイ島・パガン島・タオ島)

16. ノンカイ
(ノンカイ市・サンコム市・シーチェンマイ市・ターボー市)

17. ウドーンターニー
(ウドーンターニー市・バンドゥン市・クンパワピー市・ナーユーン市・ノーンハーン市・プラジャックシンラパーコム市)

〇ホテル予約確認:対象地域内のSHA+対象ホテル7日分
※上記の7泊分の予約確認書が必要です。

〇ワクチン接種:接種完了(完全接種)
※接種完了から14日以上経過している必要があります。

〇医療保険:コロナに対応した最低保証額50,000ドルの保険。
※英文の医療保険証が必要です。

〇出発前のRT-PCR検査:必要
※出発72時間前以内に発行された検査陰性証明書が必要です。

〇利用可能な空港
※観光サンドボックスを利用しての入国は以下の空港を利用するように決められているようですが、基本的に国際線が飛んでる空港は対象になっています。

観光サンドボックスの地域はかなり増えており、バンコクにも来ることができるようなので、観光サンドボックスを利用して旅行しようと思っている方にとっては選択肢が多くてうれしいですね。
今後も順次増えていく予定とのことなので、続報を待ちましょう!

③上記①②以外でタイに入国する場合

〇対象地域:すべての国からの入国が対象
※11月1日時点ではすべての国が対象となっています。

〇隔離期間:7日または10日
・ワクチン完全接種者:7日間隔離
・ワクチン未接種者 :10日間隔離
※上記は空路での入国の際の隔離期間。
※陸路入国の場合には14日隔離。

〇ホテル予約確認:対象地域内のSHA+対象ホテル7日分
※上記の7泊分の予約確認書が必要です。

〇ワクチン接種:接種完了(完全接種)
※接種完了から14日以上経過している必要があります。

〇医療保険:コロナに対応した最低保証額50,000ドルの保険。
※英文の医療保険証が必要です。

〇出発前のRT-PCR検査:必要
※出発72時間前以内に発行された検査陰性証明書が必要です。

普通に入国する場合にはホテルでの7日または10日間の隔離があります。
日本は隔離なしの対象国に入っているので、ワクチンさえ打てば簡単にタイに来れるようになりましたね。

あとは日本側の自主隔離がなくなれば!

日本からタイへの隔離に関してはワクチンを打っていれば実質1日に減りましたが、日本に帰る際には最短でも10日間の自主隔離があるので気軽にタイ旅行!とはならないでしょうね。
タイ在住者も年末年始に一時帰国するにはこの10日間の自主隔離が微妙です…
ただ以前よりは断然一時帰国しやすくなったので年末年始一時帰国する友人が多そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました