【最新版】アプリ上で空港の検疫手続きの事前登録ができる!ファストトラックについてご紹介!

スポンサーリンク

日本入国前にやっておきたい!ファストトラックとは?

2月7日から関西国際空港(KIX)でファストトラックの運用を開始したのをご存じですか?
※3月から成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、福岡空港でも運用開始しています。

ファストトラックとは、日本に入国する前にアプリ上で空港での検疫手続きの事前登録ができるシステムです。

成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港より入国する方が利用可能で、搭乗便到着予定日時の6時間前までにアプリ上での事前申請を完了する必要があります。
※4月27日より、申請期限が到着予定日時の16時間前までから6時間前までとなりました。

水際対策の強化に係る新たな措置が更新されることがあり得るため、最新の情報を確認のうえ、目安として日本への入国予定日から2週間以内の登録が推奨されています。

用意するもの

・MySOSがインストールされたスマートフォン等
・パスポート番号
・ワクチン接種証明書(任意) ※日本政府が認めたもの
・検査証明書 ※出国前72時間以内のもの

Step1 MySOSアプリをインストール

「日本入国前に検疫手続きの一部をアプリで行うことが可能です。こちらの機能を利用しますか。」というメッセージが表示されたら「はい」を選択してください。

▶ MySOS Webサイト

*上記の専用QRコード・専用URLからMySOSをダウンロードできない場合は、下記URLをご参照ください。

MySOS

登録画面をひらく
MySOSアプリの「検疫手続事前登録」ボタンをタップしてください。

Step2 MySOSアプリから必要書類を登録

アプリの指示に従って、質問票・誓約書・ワクチン接種証明書(「有・無」を選択)・出国前72時間以内の検査証明書を登録してください。

Step3 審査

センターでの登録内容の確認が完了するとアプリ画面が緑に変わります。

*搭乗便到着予定日時の6時間前までに申請していれば、入国までに審査完了します。

検査証明書を事前に登録せず空港で提示する場合は、アプリ画面は黄色となります。
申請内容に不備がある場合は、赤色になります。再登録してください。

Step4 日本入国時MySOSの画面を見せる

緑色の画面の場合、画面を見せるだけで下記の手続きが完了します。

・MySOSダウンロードの確認
・質問票、誓約書の入力
・ワクチン接種証明書有無の確認
・出国前72時間以内の検査証明書の確認

黄色の画面の場合、画面を見せるだけで下記の手続きが完了します。

・MySOSダウンロードの確認
・質問票、誓約書の入力
・ワクチン接種証明書有無の確認

MySOSでの事前登録について、画像での説明

こんなときには…

ファストトラックについてよくある質問

その他の詳細は下記よりご確認ください。

▶ファストトラックWEBサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました