5月1日から新しくなったタイ入国方法をチェック!日本帰国の流れもおさらい!

スポンサーリンク

5月1日からタイ入国後の隔離がなくなる!

タイでは5月1日からTest & GoとSandboxが廃止され、隔離なしでの入国が可能となりました!

ワクチン接種を規定回数終えている場合は入国後の自由行動が可能になります。また、ワクチン未接種の場合でも、渡航前72時間以内の陰性証明書を用意することにより入国後の自由行動が可能です。どちらの場合も空港からタクシーなどで移動できるようになり、通常の入国手続きとほとんど変わらなくなりました!

ワクチン接種状況に応じてタイ入国措置が異なるので、それぞれの方法をご紹介します。

大きく分けて以下の2つのケースに分けられます。
✅必要回数のワクチン接種済
✅ワクチン未接種or必要回数未接種

ワクチン接種を規定回数終えている場合

渡航日の14日前までに新型コロナウィルスワクチン接種を規定の回数終えており、ワクチン接種証明書をお持ちの方。
渡航予定日の前に以下の必要書類を準備の上、タイランドパスを申請して下さい。

(1) パスポート
(2) 国の公的機関・地方自治体により発行されたワクチン接種証明書(紙版もしくは電子版ワクチンパスポート)
(3) 1万 US ドル以上の治療補償がある英文の医療保険証書(タイ国籍者は不要)

※申請時に予約した航空券の便名も必要です。

タイ入国に際して承認されているワクチン一覧

未成年者の新型コロナウィルスワクチン接種状況について

・11歳未満の未成年者の場合
渡航日の14日前までにワクチン接種を規定の回数終えており、ワクチン接種証明書があれば一人で渡航可能です。
ワクチン未接種の場合は保護者と共に渡航する必要があります。

・12~17歳の未成年者の場合
ワクチン接種を1 回終えている場合はワクチン接種条件を満たしていると見なされ、ワクチン接種を規定の回数終えている入国カテゴリーにて一人で渡航可能になります。
ワクチン未接種の場合は保護者と共に渡航する必要があります。

・18歳の未成年者の場合
渡航日の14日前までにワクチン接種を規定の回数終える必要があります。

ワクチン未接種もしくは規定の回数終えていない場合

隔離免除 : 渡航前 72 時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウィルス非感染証明書がある場合

渡航予定日の前に以下の必要書類を準備の上、タイランドパスを申請して下さい。

(1) パスポート
(2) 渡航前 72 時間以内に発行されたRT-PCR検査による英文の新型コロナウィルス非感染証明書(タイランドパス申請時に必要)
(3) 1万 US ドル以上の治療補償がある英文の医療保険証書(タイ国籍者は不要)

※タイ入国後のCOVID-19検査は不要です。
※以前の隔離プランで既にタイランドパスのQRコードを受け取っていて、隔離免除のプランに変更したい方は、タイランドパスの再申請が必要です。

5日間の 隔離 : 渡航前 72 時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウィルス非感染証明書がない場合

渡航予定日の前に以下の必要書類を準備の上、タイランドパスを申請して下さい。

(1) パスポート
(2) Alternative Quarantine (AQ)の 5 泊分予約確認書(支払い済み、RT-PCR検査1回分の費用が含まれていることを明記したもの)
(3) 1万 US ドル以上の治療補償がある英文の医療保険証書(タイ国籍者は不要)

※隔離中の4-5日目にAQホテルにてRT-PCR検査を実施する必要があります。
※以前の隔離プランで既にタイランドパスのQRコードを受け取られている方の再申請は不要です。

✅ 今後も入国条件の緩和が続く予定
現状ではタイランドパスの申請が必要ですが、6月に廃止する方向で動いているようです。このままの感染数の推移を続ければ廃止になる可能性は高いので、夏休みにはタイに行きやすくなりそうですね!

日本帰国時には72時間以内の陰性証明書が必要!

日本帰国前に必要なのが、出国72時間以内に実施した陰性証明書です。陰性証明書がない場合は「搭乗拒否」となり、日本入国ができないのでご注意ください。

バンコクの病院やクリニックは予約なしだと検査を受け付けていない場合が多いので、タイ旅行の日程が決まったら早めの検査予約をオススメします。大きな病院よりも小さいクリニックのほうが予約しやすいという印象です。

バンコクでPCR検査ができるオススメのクリニック

・DYMクリニック
こちらのクリニックは日本語対応なので、英語もタイ語もできないという方でも安心です。場所はスクンビット・ソイ49の中ほどにあるので、タクシーで行くのがオススメです。

デリバリーでの検査もできるようなので、詳細はお問い合わせしてみてください。

DYMクリニック 
住所:49/7 139, Unit 541, Soi Sukhumvit 49(Klang), Klongton-Nua, Wattana, Bangkok 10110, Bangkok 10110
検査費用:2,500バーツ~
Webサイト:https://dymclinic.com/

3回目のブースター接種済で日本入国時の自宅待機なし!

日本帰国時には3回目のブースター接種済で日本入国時の空港での検査が陰性であれば、その後自由に行動できます。

3回目のブースター接種をしていない場合は入国後に原則7日間の自宅等待機となりますが、自宅等待機のために移動する場合に限り、最短経路での移動を行う場合には、空港から自宅待機場所まで公共交通機関が利用できます。

入国日の翌日から3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性で、その結果をMySOSのアプリに登録して待機終了の連絡がきた方は、その後の自宅等待機の継続は不要となるとのこと。3日目以降の検査は厚生労働省が認めた検査実施機関におけるPCR検査又は抗原定量検査となり、本検査を受けるための外出は認められますが、その際に公共交通機関の利用はできないようです。

また、日本入国時の空港での手続きをスムーズに進めるために、日本入国前にファストトラックの登録をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました